博多美人研究所|博多育ちの自然派化粧品 初雪の雫

  • ログイン
  • 新規会員登録

ゲスト

お気軽にお問い合わせ下さい

トップページ > クレンジングオイルのデメリットとは

クレンジングオイルのデメリットとは

濃いメイクも綺麗に落としてくれるのがクレンジングオイルです。クレンジングオイルはメイクとのなじみも良く、重ね塗りや重ねづけをしたしっかりメイクを落とす際に最適なものです。また、酸化してしまった油汚れなども落とすことができるということもあって人気があります。しかし、クレンジングオイルにはデメリットもあることを認識しておかなければなりません。

肌を傷つけてしまう

クレンジングオイルの成分はほとんどが油で、滑らかな感触があり滑りがいいのが特徴的です。しかし、滑りやすいため、クレンジングをする際につい指に力を入れてゴシゴシとこすってしまうことがあります。強くマッサージしたりこすってしまうと、摩擦で肌の表面を傷つけてしまう恐れがあります。肌が傷ついてしまうと、乾燥肌やシミなどの原因にもなりかねません。

乾燥しやすい

また、クレンジングオイルはメイクともよくなじみますが、必要な皮脂までもなじんでしまい、一緒に洗い流してしまうことがあります。皮脂が少なくて乾燥気味の肌質の方は、さらに乾燥に悩まされることになります。 必要な皮脂まで落としてしまうのは、クレンジングオイルに含まれている界面活性剤が影響しているといわれています。

界面活性剤について

界面活性剤は、メイクとオイルをなじませるために必要なものです。通常、水と油は混ざり合いませんが、界面活性剤を入れることで混ざり合うことができます。水では落ちない油汚れも、この界面活性剤を使うことで落とすことができるのです。しかし、必要以上の洗浄力があり、乾燥を招いてしまうことがあります。

乾燥を気にせずしっかりクレンジングをするなら、博多美人研究所で販売しているノンオイルクレンジングをお使いになってみてはいかがでしょう。このノンオイルアミノ酸クレンジングは、保湿成分がたっぷり配合されているので、乾燥が気になる方におすすめしたい商品となっております。口コミでもご好評をいただいております。通販でご購入いただけますので是非ご利用下さい。
このページの先頭に戻る