博多美人研究所|博多育ちの自然派化粧品 初雪の雫

  • ログイン
  • 新規会員登録

ゲスト

お気軽にお問い合わせ下さい

トップページ > 洗顔をする際に気をつけたいこと

洗顔をする際に気をつけたいこと

スキンケアの基本は「洗顔」です。毎日行っている洗顔も、正しい方法でなければ肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。洗顔時に気をつけていただきたい点をご紹介します。

肌を擦らない

まず、洗顔をする時には肌を擦らないということです。私たちの肌は繊細ですので、擦って洗うことで角質層が傷ついてしまいます。角質が傷ついてしまうと肌に潤いが保てなくなったり、乾燥肌になったり、刺激に弱くなってしまいます。しかも肌を擦るという行為は、肌トラブルを引き起こしやすくなります。洗顔時において石鹸の洗い残しは避けるべきことですが、強く擦ることによって肌を傷つけることは、それよりもお肌に悪い行為となってしまいます。これまで肌を擦って洗顔をしていた方は、その方法はやめて優しく洗うことを心がけましょう。

必要以上の洗顔を控える

ニキビがある人や肌がオイリーな人は、時間をかけて丹念に洗顔を行う傾向にあります。確かに、顔に付着した汚れはしっかりと落とすことが大切です。しかし、必要以上の洗顔というのは肌の潤い成分を奪ってしまうことになります。ただでさえ女性の肌は皮脂の分泌量が少ないのに、必要以上に潤い成分を奪うことは皮脂の分泌をより促進させてオイリー肌を生み出すことや、乾燥を促進させることに繋がってしまいます。必要以上の洗顔で、潤い成分を奪わないように気をつけましょう。特に、1日に何度も洗顔をしている方は、朝晩の2回程度に留めることをおすすめします。

この2つのポイントは、洗顔時において特に気をつけていただきたいポイントなりますので、是非実践してみて下さい。

博多美人研究所では、もちもち泡が魅力の洗顔料や無添加石鹸など、様々な洗顔料を販売しています。自分に合った洗顔料を探している、今使用している洗顔料が合わない、という方は是非博多美人研究所の洗顔料をお試し下さい。
このページの先頭に戻る